めろんすたいる

旅行や観光を中心に記事を書いています。旅行をする上でどうでもよさそうだけど気になるところに首を突っ込んでみたりします。

香港航空 HX617 関西〜香港

 このサイトは広告が含まれています

2017年の9月にタイ・バンコクへ行ってきました。

繁忙期も過ぎ、少し観光客の数も落ち着いてきたころです。

 

LCCを使わずになるべく安く行こうと思ったので、香港経由の「 香港航空 」バンコク行きを選びました!

利用したのサイトは公式サイト。安く利用できる上に座席も指定可能でした。

 

でも「 香港航空 」を調べてみると評判は良くない感じ。

オンラインでチェックインしてみたんですが、も、大阪→香港のチケットは出て来たんですが、香港→バンコクのチケットが出て来ませんでした。

不安になったので前日に空港に行って、チェックインカウンターで職員に確認を取ったところ大丈夫と言うことで、問題はありませんでした。

 

利用した便はこちらです。

HX617 7:00発 関西→香港  9:50着

 

朝早い便で、チェックインカウンターには最低でも午前5時半すぎには到着しなければなりません。

また、関西空港は移動手段が限られますので、関西空港で一日一泊するか、バスでのアクセスになります。

電車は早くてでも5時50分の到着ですので遅延を考えると現実的ではありません。

 

というわけ時間も早いので関空で一泊してからの搭乗。

朝4時30分ごろのチェックインカウンター。

こんな時間でセキュリティーも空いてなかったからか人もほとんどいませんでした。

f:id:melonk:20171002133043j:image

早朝なので、出国検査を並ばずに通過。

免税店は営業もしていなかったので、何もやることもないのでそのまま、出発ゲートへ。

この時間ですと搭乗口まで30分もあれば余裕です。1時間以上待たないといけないので、早すぎました。

搭乗口でテレビがあるので時間を潰していました。

f:id:melonk:20171002133503j:image

出発は定刻通りでした。

機材は A-330 2-4-2の配列で各席に個人モニターがありました。

朝早い時間なのか、後ろの方に空席がちらほら。

大半が香港人で日本人の方もいらっしゃいました。

アナウンスは 広東語、英語、北京語の順番。

日本語はCAさんも含め、ありませんでした。

f:id:melonk:20171004091508j:image

 しばらくすると機内食。

チャイニーズ〜しか聞き取れなかったのでそれにしました。

味は…好みではなかったです。中華圏の方が好む味付けになっています。

パンの横のカップは水です。抵抗ある人は飲んでなかったです

飲み物は青島ビールもありました。

約3時間のフライト。日本語の映画もあったので暇になることはなかったです。

f:id:melonk:20171004091907j:image

香港到着。 これから乗り継ぎです。

 乗り継ぎからタイのバンコクまではこちらでご紹介しています。