めろんすたいる

旅行や観光を中心に記事を書いています。旅行をする上でどうでもよさそうだけど気になるところに首を突っ込んでみたりします。

【 ANA 】羽田〜ホーチミン、乗ってる人はアメリカに住んでるベトナム人が多い

 このサイトは広告が含まれています

f:id:melonk:20240708225655j:image

今回はANAを利用してベトナムのホーチミンへ向かいます。

今回は北海道から国内線を利用して東京まで向かいました。

東京で乗り継ぎでホーチミンまで

f:id:melonk:20240708230254j:image

今回のチケットはいつも同じですがTrip.comで購入しました。

往復で7万くらいでした。行きは北海道から、帰りは大阪までの国内線のチケットも込みでこの値段でした。

正直、ベトジェットやベトナム航空で行く方が安いですがANAマイルも貯めているのでこちらにしました。それでもこの値段なら安い方かと思います。

 

【Trip.com】公式サイト

 

ちなみに予約クラスはエコノミーでKだったので一番少ない30%でした。

座席指定も限られていますが、通路側を指定することができました。ちなみに一番後ろの席です。むしろ、気にせずリクライニングを倒せるので結果として気に入りました。

実は初めてのANA国際線

f:id:melonk:20240708230633j:image

ANAの国際線の利用は初めてになります。2020年にANAでロシアに行こう計画していましたが、コロナで叶わなかったので4年越しのリベンジです。

羽田空港第三ターミナルからの搭乗

f:id:melonk:20240708225757j:image

便によって発着するターミナルが違います。

利用するホーチミン行きの便は第三ターミナルから発着です。

新千歳空港ですでにチケットは発券して、荷物もスルーバゲージでしたのでそのまま出国審査、荷物検査の方へ向かいます。

 

空港内は人で溢れていましたが、出国でそこまで時間はかかりませんでした。タイミングなのかはわかりませんが、関西空港よりはスムーズな気がしました。

普段は関西から出国していますが、東京から海外に行くのもありかなって思います。

 

関西とは比べ物にならないくらい大きな空港ですが、搭乗口までもすぐに行けたと思います。

f:id:melonk:20240708230139j:image

搭乗口までの通り道にプライオリティパスで使えるラウンジやセブンイレブンがありました。

ラウンジはそこそこ混んでましたが、また利用したいと思えるラウンジでした。

搭乗率は高め、日本人少なめ

f:id:melonk:20240708230157j:image

フライトレーダーのアプリを見ているとホーチミン行きの便は毎日少し遅れてるみたいです。ちなみに到着は遅れていないみたいです。

 

少しベンチで待ってたら搭乗の案内がありました。列を並んでると搭乗率高いなって思いました。

ここで気がついたのですが、ベトナム行きなのに留学生や実習生らしき人は少なく、また日本人もあまり見かけませんでした。

 

どちらかと言うと年齢層高めのベトナムの方が多いように感じました。アジア系の方で英語を話してる人も多かったので北米方面から東京で乗り継ぎしてベトナムへ向かう人が多いのかなって思いました。推測ですが。

あと、アメリカから東南アジアに向かうチケットって意外と高くなかったと思います。路線にもよりけりですが。

f:id:melonk:20240708230229j:image

自分の座席は一番後ろの通路側です。

その付近は自分だけ日本人でした。みんな普通に離陸前からリクライニング倒してて、日本の航空会社の便なのに別世界と感じ、なんかワクワクしました。

f:id:melonk:20240708230549j:image

座席はそこそこ広めで、モニターもついてます。国際線のWi-Fiは有料です。

5時間半の間、動画とか適当に見て過ごします。

f:id:melonk:20240708230607j:image

楽しみだったのは機内食です。

ANAの国際線は初めてだったので一番楽しみにしていました。

最初はおつまみが配られました。

飲み物はなんとなくビールにしました。

f:id:melonk:20240708180057j:image

そのあと、機内食が配られました。

自分はカレーにしました。飛行機に乗る前にレストランで食べすぎたのもあり、全部食べ切ることはできませんでした。完全にミスです。

f:id:melonk:20240708175958j:image

そのあとハーゲンダッツもいただきましたが、こちらは気合いで食べ切りました。

 

食事が終わるとあとは着陸までゆっくりするだけです。

少し寝てたらあっという間に到着の時間になりました。定刻で到着です。

ホーチミンに到着

f:id:melonk:20240708230326j:image

普段、ベトジェットでホーチミンに来ていましたので沖止めでしたが、ANAは沖止めではなく楽々、入国審査場まで行くことができました。

 

問題はここからです。ホーチミンの入国審査はとにかく列がすごいので待ち時間がすごいです。いままで最速で30分、最長で1時間半かかりました。

f:id:melonk:20240708230343j:image

今回も列がすごいことになっていましたが、30分ちょっとで入国ができました。以前はノービザですか?って聞かれてたと思いますが、今回は何にも聞かれませんでした。

f:id:melonk:20240708230403j:image

飛行機も沖止めではなかったためかスーツケースはすでに係の人に並べられていました。

LCCだとこのタイミングだと出てきてなかった記憶があります。

何もかもがスムーズでした。ちょっとびっくりしたくらいです。

とはいえど、夜10時を過ぎていましたのでこのあとはホテルに向かい、そのまま就寝でした。

帰りも同じANA

f:id:melonk:20240708230443j:image

日本は帰る時もANAの便を利用しました。

いつも混雑してるのでホーチミンの空港でチェックインするのと出国審査が気になっていました。

しかも別で予約してた国内線が2時間遅れで、今回は搭乗するまでに2時間しか余裕がありませんでした。

 

国際線ターミナルに着いた時はすでに搭乗手続きは始まっていました。空いてはいませんでしたが、20分くらいで手続きできました。

 

出国審査も相変わらず混んでいましたがこちらも30分くらいでした。これもタイミングなのかなって思います。

思ったより時間がかからなかったのでプライオリティパスが使えるラウンジでご飯も食べることができました。

f:id:melonk:20240709003345j:image

帰りは深夜便なので着陸の2時間前くらい、

沖縄を少し超えたくらいで機内食が配られました。

f:id:melonk:20240708225347j:image

今回は一番安い運賃での搭乗でしたが、マイルも貯まりました。

たまたま取れたチケットなのかなって思いましたが、普段からTrip.comで取れるみたいです。

f:id:melonk:20240709003323j:image

国際線は東京発着ですが、大阪や北海道から乗り継ぎにしても値段はそこまで変わりませんでした。

www.meee011tj.com

www.meee011tj.com

www.meee011tj.com

www.meee011tj.com